熱中症

  • 2020.08.24 Monday
  • 10:02

みなさん、こんにちは。

 

毎日、暑い日が続きますね。

 

今年は、新型コロナウイルスの感染対策で

マスクが手放せませんね。

 

しかし、

マスクの着用により、熱中症リスクが高まります。

 

 

 

 

「新しい生活様式における熱中症予防行動のポイント」

 

    ―襪気鯣鬚韻泙靴腓Α

          エアコンの利用、涼しい服装、暑い日は無理をしない

 

    適宜、マスクをはずしましょう。

         周囲の人と十分に距離をとったうえで。

 

    こまめに水分補給しましょう。

    冷たい飲み物も、体を冷やす効果があり良いそうです。

 

    てごろから健康管理をしましょう。

         日頃からの体温測定、健康チェック。

 

    ソ襪気鉾えたからだづくりをしましょう。

 

 

 

この夏は、今まで以上に熱中症に注意して過ごしましょう。

 

 

 

少しずつ、朝・晩と涼しくなってきましたが、

まだまだ暑い日は続きます。

 

コロナ対策、熱中症予防を継続して今年の夏を乗り切りましょう。

 

新しい生活様式を実践しましょう

  • 2020.07.20 Monday
  • 00:00

みなさま いかがお過ごしでしょうか。

今回は訪問看護ステーションが担当します。

 

新型コロナウイルス感染はおさまらず、いつ誰が感染してもおかしくない状態です(+_+)

自分の、みんなの命を守るため『新しい生活様式』を実践していくことが必要です。

日常生活に取り入れられるように、石川県からも『新しい生活様式チェックリスト(家庭版)』が配布されました。

 

 

訪問看護ステーションでも、新しい生活様式を実践していけるよう「健康チェックシート」の記入をお願いしています。

すでに学校などの施設でも毎日の健康チェックの取り組みがされています。

ご家庭に訪問させていただくので、当ステーションでは利用者様の体調にくわえて、同居の方の体調もチェックしてもらうことを徹底してお願いしています。また、お盆などで遠方より帰省される場合も必ずお知らせしてもらうこともあわせてお願いしています。

 

 

新しい生活様式の実践には、まず自分や家族の 「健康を知ること」 そして 「知らせていくこと」 が重要です。自分で知らせることができない方は身近にいる方が気にかけて健康状態をチェックすることが大切です。

実践して感じることですが、「今日はどんな調子かな?」と声かけや確認することで、感染を予防するだけでなく、お互いにいろいろと思いやる機会が増えたことがとてもいいことだなあと感じています。

ソーシャルディスタンスをとりながらも、こころの距離はぐっと近づいていけるといいですね(^.^)

 

 

まだまだ感染を気にしながらの訪問や生活が続きそうです。

8月には感染認定看護師を招いて感染予防のレクチャーを受ける予定です。

感染を予防して健やかに過ごせるよう情報をあつめたり話し合いながらがんばっています! 

みなさんいっしょにがんばりましょう(^^)/

 

長雨の季節です

  • 2020.06.30 Tuesday
  • 21:00

 

皆様 こんにちは〜

 

新型コロナウイルスと共存する生活スタイルの不便さもありますが、どのように過ごされていますか?

 

この環境の変化に、私自身も深く考えさせられ自粛の期を活かし、新たな試みで家庭菜園に挑戦しました。

 

自宅のほんの片隅の場所ですが、トマト、胡瓜、オクラ、など梅雨の雨ですくすくと育ち、収穫の楽しみを

 

待ち望んでいます♪

 

 

 

 

 

 

さて、なんごうえがお では、、、

 

毎年恒例になっている春のイベント『お花見&外食』『菖蒲園ドライブ』など屋外行事や、毎月開催している村井先生の体操教室は中止としています。   

 

そして今はスタッフ全員がマスクをつけています。

 

そのため、スタッフの顔は『キラキラした瞳の2つの目』だけで、ご利用者の皆さまから「みんな風邪引いた人ばっかりやぜ〜?」と言われることもあり、ご利用者様はいつもと違う雰囲気と感じておられます。

 

また「マスクをつけていると普段通りに関わっていても冷たく当たるんじゃないか?」と感じ、話す声のトーンを上げたりオーバーなジェスチャーで感情を表して工夫を取り入れることが大切だと気付きました。

 

逆に言いますと、、

 

『 えがお 』があれば言葉なくても、、

 

『 えがお 』がないと(見せれない)と言うことは、、、 

 

介護スタッフの皆様〜

 

オーバーアクションですよ〜!!! (笑)

 

 

 

 

それでは、

 

なんごうえがお では、自粛期間中どのようにして活動してきたのかの写真をいくつかご紹介します♬

 

 

 

4月は「春のお弁当」を美味しくいただきました。

 

 

 

 

 

5月は「セレクトおやつ★」と題して、皆さまにちょっと仮装していただいたところをパチリ♪

 

 

 

 

 

6月は「玉ねぎ収穫祭」で、なんごうの畑で育った沢山の玉ねぎを収穫しました!

 

皮むき担当さん・カナッペ作り担当さん・仕分け担当さんをお願いしてしたところ、、、、さすがでした!!!

 

皮むき担当さん と カナッペ作り担当さん

 

仕分け担当さん

 

玉ねぎが丸ごと入ったポトフに天ぷらなどなど、、、美味しくいただきました♬

 

 

 

畑のジャガイモ・きゅうり・なす・いんげんは豊作ですよ〜

なんごうえがおの皆さまだけでなく、お隣の畑に来ている方々から「いいのになっとる!」とお褒めの言葉をいただきました♬

 

 

 

なんごうえがおの中では、座ってできる体操や漢字合わせパズル、そして裁縫の得意な方には雑巾縫いなどをお願いしています。

 

皆さま〜 コロナウイルスに負けずに元気でいましょうね(^^♪

 

 

 

 

 

    

 

 

    

 

      

新緑の5月になりました

  • 2020.05.20 Wednesday
  • 00:00

 はじめまして!

 

この度、加賀福祉サービスでお仕事させて頂くことになりました。三谷佳子です。

ケアマネージャーの業務は初めてですが、これまで介護福祉士として現場で身につけた根気強さを活かして

信頼されるケアマネージャーを目指して頑張りたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

 

自己紹介

  • 2020.04.22 Wednesday
  • 17:40

      皆さん、こんにちは!

 

日本全国に新型コロナウイルスが猛威を振るっておりますが、

皆さま、手洗い・うがい・マスク、そして外出の自粛と感染予防に

努めましょう。

 

 

さて、この度 加賀福祉サービス ヘルパーステーションえがお に

新しい仲間が加わりました。

心機一転 ヘルパーステーション心を合わせて

頑張っていきます。

 

 


 

泉 清子と申します。

施設での勤務経験はありますが、在宅訪問介護は初めです。

よろしくお願いいたします。

3月・・・年度末です・・・

  • 2020.03.12 Thursday
  • 08:49

 

こんにちは。

 

3月になりました。

 

3月は、2月末に予定されていた「全体研修」の記事を書く予定をしていましたが、

 

「コロナウイルス」対策のため中止になりました。

 

日本中、世界各国でコロナウイルス蔓延対策、予防対策が取られていますが、

 

私たちも出来る事を確実行い、安全なサービスを提供したいと考えています。

 

先日、利用者さまには、各ステーションから「コロナウイルスに関するお知らせ」を配布させていただきました。

 

 

 

 

2月です。

  • 2020.02.10 Monday
  • 13:24

 

こんにちは。

 

今月のブログは訪問看護ステーションです。

 

さて、昨年、皆様にご協力いただきました、「満足度調査」の集計が終わりました。

 

回収率は78%!

 

みなさまありがとうございました。

 

「時間は守られたか?」「身だしなみ」「対応」などの項目について調査をさせていただきました。

 

 

昨年度からはじめた「えがおの点数」。

 

ずばり!『「えがお」に点数つけるとしたらを100点満点中、何点ですか?』という質問。

 

今年度の平均点は 

 

94.76点!!

 

昨年度より 2点増えました。

 

1年間、サービス向上に向けて努力した事が、少し形になったのかな・・・と思いますが、

 

まだまだ、100点満点には届きません。

 

来年度に向けて、見えた課題を解決して、満足度の向上に向けて、そして100点満点がいただけるように、

 

これからも努力していきます!!

 

 

 ※満足度調査の詳しい結果は、後日ホームページに掲載します。しばしお待ちくださいませ・・・

 

 

 

 

続きを読む >>

新年あけまして おめでとうございます。

  • 2020.01.06 Monday
  • 08:40

 

明けまして おめでとうございます。


 

令和2年です!!。

 

しばらくは「令和初」の出来事で盛り上がりそうですね。

 

2020年! 東京オリンピックもあります。

 

2020年は「良い方向に大きく動くと年」と聞きました。

 

皆様にとってよいことが多い一年になりますように、

 

加賀福祉サービス職員一同、力を合わせて頑張らせて頂きます!!

 

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

 


 

 


 

 

 

 

 

ぼたもち

  • 2019.12.18 Wednesday
  • 09:55

 

 

皆さん、こんにちは!

 

 

もう、12月も終わりますね!(^^)!

寒い日もあり、暖かい日もあり 体調を崩しがちですが 

皆さん 風邪には気をつけて下さいね(^▽^)/

 

 

今年の重大ニュースといえば・・・

 

天皇陛下が即位され 元号が平成から

 

     令和 

 

   に変わりましたね。

 

 

令和元年、皆さんはどのような一年だったでしょうか?

 

 

さて、このたび 12月12日(木) 加賀福祉サービス

毎年恒例の「ぼたもち作り」が行われました。

 

                

 

JA女性部の「愛のもち米運動」より頂いたもち米を使用し

職員一同、愛情をこめて一つ一つ手作りしました

 

                                                           

 

出来た「ぼたもち」はその日のうちに、今年一年の感謝の気持ちを込めて

日ごろ、ご利用いただいている皆様へお配りしました。

 

   

 

 

毎年、楽しみにされている方もいらっしゃり

”おいしかったわ ありがとう” ”これ大好きなんや” などという声も聞かれ

たいへんうれしく思います(^^♪

 

 

 

 

令和2年 みなさまにとって よりよい一年となりますように・・・

 

 

 

全体研修会

  • 2019.11.20 Wednesday
  • 23:25

 

皆さん こんにちは〜

   

 

秋の紅葉の景色から、すっかりと寒くなり冬へと移り変わる季節になってきました。

 

インフルエンザ対策の時期にも入り、予防注射もそろそろ受けられる頃でしょうか〜?

 

体調を崩さないように気をつけてください!

            

        

 

 

 

それでは、今回 第2回加賀福祉サービス全体勉強会 のご報告をします。

 

テーマは 『 認知症ケアについて考えよう 』 

 

< 内容 >

1 研修で期待しがちなこと    2 自分に置き換えて想像してみましょう

3 事例について考えてみましょう 4 まとめ

 

 

今回、なんごうえがおスタッフの坂野さんが講師を務めました。

 

 

 

 

 

それでは、今回の勉強会の内容を順番に説明・報告していきます。

 

 

 

1】研修で期待しがちなこと

 

,匹Δ垢譴仭蠎蠅麓分の思い通りにしてくれるの?

 

⊆分の思い通りに相手を動かすことができる‘魔法の言葉’ ‘魔法’そのものを教えてもらえるのではないか?

 

ということから始まりました。

 

 

 

最初にその答えとして

 

☆自分たちの思い通りになる『魔法』や『方法』はない!!!!!☆

 

という結論の説明がされました。

 

 

「まず、相手の気持ちや思いを知るところから始め、その後に自分を知ってもらう。お互いの事を知ることで信頼関係が築ける、関係性を作らないと伝わらな〜い」

 

 

では、どのように考えられたらよいのか調べたところ、、、

 

自分に注意を向けてもらえないとコミュニケーションを取ることが難しく、時には身体に触れたりすることも選択的注意が働いて、伝える側に意識を向けてもらえるようです、とも書かれてあり理解が深まりました。

 

 

 

 

2】自分に置き換えて想像してみましょう!

 

例えば、、、

 

朝起きて鏡を見たら80歳になった自分が目の前にいます。

 

それまでの何十年かの記憶は思い出せない急に迎えが来て(デイサービス)連れて行かれ、着いた先で知らない人に「お風呂に入りましょう」と言われます。

 

あなたは「はい、お風呂に入ります!」と言うでしょうか?

 

 

 

私だったら

 

「お風呂なら、家で入るわ」

 

「いつも家で入っとるし、入らんわ」

 

と答えます!

 

 

同じように、なんごうえがおのご利用者様からもよく聞かれる言葉です。

 

ご利用者様お1人ずつ、思う理由もそれぞれ違います。

 

その違いに気づけず、日々同じ解釈に受け取りがちになってしまっていた様に思いました。

 

『自分だったらどうなんだろ〜?』 と視点を変え、向き合うことが大切なんだと思いました。

 

        

 

 

 

 

≪アイスブレイク(4グループワーク)≫

 

泣いている赤ちゃんの絵をみて何を訴えていると思いますか?

 

とグループごとに話し合いました。

 

 

 

「お腹が空いた〜」

 

「抱っこして欲しい」

 

「痛~い」

 

「オムツが濡れている〜」 などなど・・・

 

 

各グループで多いところでは22個以上の意見がでました。

 

 

 

答えはひとつではないのです!

 

思いを知ることとケアに対しても同じ考え方はないとのことでした。 

         

 

 

 

 

 

 

3】事例について考えてみましょう!

 

冷蔵庫の扉を日に何度か開け閉めされています。

 

どのような理由が考えられますか?

 

 

以前のなんごうえがおご利用者様で、冷蔵庫を開けても中の物を取り出すことはなく、いろいろ考えましたがしっくりとした理由はわからないままになっていました。

 

 

アイスブレークで少し頭が柔らかくなっていたので、各グループからいろいろな意見がでました。

 

「何か食べようかと思ったが、何だっけ?」「冷たい風が出てきて不思議〜」「どこかに運ぼうとしている」

「じゃまな物があるな〜」「誰の物〜?」「取り外してみたい」

 

 

 

 

 

私自身、実際に毎回このご利用者様の状況を見て知っていたので理解をしていたつもりでした。

 

でもたくさんの意見から

 

『この方はこんな人(押し付け 決め付け)』

 

と自分の視点での関わりになっていた と気づきました。

 

「まず、相手を知る」ことから始めよう!!!!!

 

 

 

講師の最初の言葉に戻ります・・・

 

 

 

 

 

4】まとめ

 

認知症ケアの勉強会で話し合うことで普段当たり前だと思うことの確認やヒントなど学ぶことができました。

 

今回の研修は、なんごうえがおの利用者の方を取り上げたこともあり、わかりやすく理解できました。 

 

担当の坂野さん、お疲れ様でした♪